ゲージに入れて飛行機に乗るとき その2・・・高橋ナツコ

犬にがまんを教えてしつけてあれば心配いりませんが、そうでないとパニックに陥って病気になったり、他人に危害を加える可能性も考えられます。

先進諸国の中で、日本だけが犬のしつけをしないことを許している国であることをご存じでしょうか。

アメリカやヨーロッパでは、犬が問題行動を起こすようなことがあれば、飼い主が非難されます。

つまり、あなたの犬がパニックになり、空港で大騒ぎになると、飼い主のあなたの責任が問われることを覚悟しなければならないということです。

できれば出発するまで、ケージや車での移動、他人や他の動物などにならすようにしましょう。

ただしあせってはいけません。

ケージにならすときは、初めは入るだけ......、と少しずつならし、うまくできたらオーバーなまでにほめてやります。

車の移動も同様で、最終的にはケージに閉じ込めて空港まで運べるよう、少しずつならしてやります。

高橋ナツコ

このブログ記事について

このページは、-が2016年10月 5日 15:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゲージに入れて飛行機に乗るとき その1」です。

次のブログ記事は「優れた犬の聴覚」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12