おいでの基本トレーニング その2

犬が手元に戻って来たら怒らないことです。

感情的に怒ることは絶対にしてはならないことです。

犬は飼い主の元に戻った時に怒られると、人の側に行くと怒られるのだと感じてしまい、不信感を持つようになりますから気をつけましょう。

しかし、悪いことをした時はきちんと叱らなければいけません。

では、どう叱るかというと、首輪を抜いた場合を想定して、その状況をわざと作ります。

二本のリードを付け、そのうち一本は長めの物を付け、もう一本は短いリードを付けていきます。

短いリードを主にして持ち、犬に分かるようにリードを外して逃げる条件を作ってみます。

犬が逃げ出したところを、タイミングよくもう一本のリードを思い切り引き戻します。

高橋ナツコ

このブログ記事について

このページは、-が2017年5月23日 10:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おいでの基本トレーニング その1・・・高橋ナツコ」です。

次のブログ記事は「おいでのトレーニングとごほうびについて・・・高橋ナツコ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12