2016年3月アーカイブ

けいれん・・・高橋ナツコ

神経症状として出ることがあります。

また、子犬のときには、血液中の糖分が減少しても起こります。

さらに、回虫が大量寄生しているときにも起こります。

お産の後、授乳中に母親が起こすけいれんは、血液5犬のかかりやすい病気

中のカルシウム濃度が急に低下することによって起きます。

かなり激しい症状ですから、放置しておくとそのまま死亡することもありますから、速やかに獣医師の治療を受けてください。

頻繁に水を飲む

まず考えられるのは、人が安易に食べ残しの煮物や、みそ汁などを与えた場合の塩分の取り過ぎです。

人には、それほど濃い塩味とは思えない食べ物でも、体の大きさの違いからして、犬には強過ぎます。

高橋ナツコ