犬の気持ち

◆案外無意識に行動して犬に怒られたりした経験のある方もいるでしょう。

犬は怖いと感じた次にとる行動として咬みつくということがあります。

飼い主の不注意からこのような行動を誘発する場合がありますので気をつけましょう。

◆犬にとってトレーニングすることは決して苦痛ではありません。

飼い主に教えられることは正しく、安心して生活できると感じさせなければいけません。

それには、日常生活において愛犬に声をかけてあげることが大切なことです。

深い愛情を注がれて育った犬は、必ずよい犬に育つはずですから、飼い主が途中で投げ出したり、諦めたりしないように心掛けてください。

厳しさも愛情の一つですから、可愛いがる本当の意味をよく考えて、命あるかぎり家族の一員としてお互いに良い意味で距離をおいて楽しく過ごしてほしいものです。

高橋ナツコ

このブログ記事について

このページは、-が2017年7月13日 16:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おいでのトレーニングとごほうびについて・・・高橋ナツコ」です。

次のブログ記事は「飼い主との訓練・・・高橋ナツコ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12