仕事が不規則・犬の服従心

◆仕事が不規則
仕事が不規則で毎日家に帰れない、疲れてしまって朝起きられず、散歩に行くゆとりがない...などでどうしても世話ができなかったら、週に何回かペットシッターを頼むというのはどうでしょう。

無理をしてつらい思いをするより、それを仕事にしている人の手を借りるほうが賢明です。

もしそれももったいない、ということであれば、犬を飼い続けること自体が無理。

早々に里親に出したほうが、あなたのためでもあり、犬のためにも幸せです。

◆犬の服従心
犬は自我を抑制できるようになれば、おのずと服従心もついてきます。

飼い主のほうも、服従させてやろうという強制的な気持ちでは、本当の犬とのいい関係は築けません。

犬を信頼してこそ犬からも信頼され、打てば響くような心のつながりができてきます。

高橋ナツコ

このブログ記事について

このページは、-が2017年2月 6日 15:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「犬にとっては飼い主がたより・・・高橋ナツコ」です。

次のブログ記事は「犬のワクチン その1・・・高橋ナツコ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12